セサミン情報局

セサミンで生活習慣病を予防する

年齢を重ねるにつれて気になるのが生活習慣病です。若いころから続けてきた乱れた生活習慣が年を取ると病気となって自分の体に返ってきます。
そんな生活習慣病はセサミンで対策しましょう。セサミンでできる予防効果について紹介します。

生活習慣病とは

生活習慣病とは、偏った食生活や喫煙、飲酒、ストレスや運動不足などの体に良くない生活を続けることで発症してしまう病気のことです。
糖尿病や高血圧、脂質異常症などが挙げられます。体の内側からじわじわと進行していき心臓や血管などにダメージを与えていきます。
高血圧を放置すると脳梗塞、狭心症、心筋梗塞などに進行することがあります。糖尿病は投薬治療やインスリン注射、脂質異常症ではコレステロール値が高くなり動脈硬化を招きます。動脈硬化は脳や心臓に様々な疾患を引き起こします。生活習慣病の放置はとても危険なので予防・対策が必要です。

セサミンで生活習慣病を予防

セサミンには肝臓や血管の活性酸素を除去する抗酸化力があります。この抗酸化作用により生活習慣病を予防します。

高血圧対策

高血圧は慢性的に血圧が高くなっている状態です。乱れた食生活や肥満、ストレスなどで血管が老化したり、活性酸素により血中コレステロールが酸化して血管壁に癒着したりすると血流が悪くなり高血圧に繋がります。
まずセサミンの抗酸化作用により肝臓の活性酸素を除去することで、肝臓から送られる血液中の活性酸素を減少します。そして血管の活性酸素も除去するので老化を予防します。抗酸化作用によりコレステロールの酸化も防ぐので癒着させません。
こうして血管内の活性酸素が減ることで血管を正常に保ち高血圧対策ができます。

動脈硬化の予防

動脈硬化は高血圧や高コレステロールが悪化したときに起こりやすいです。コレステロールが血管壁に癒着したり、血液の塊ができたりして血流が悪化、血栓ができると血管が塞がれてしまいます。
これを阻止するにはコレステロールを運んでくる悪玉コレステロールの減少が効果的です。セサミンは肝臓の活性酸素を除去することで肝機能を改善します。すると肝臓は善玉コレステロールを多く生成するので、血中の悪玉コレステロールが劣勢になり数が減少します。
善玉コレステロールは血中の余分なコレステロールを回収するので、癒着や酸化を防いで結果的に動脈硬化の予防に繋がります。

健康診断の結果を受け止める

健康診断では、脂質検査(コレステロール値)や肝機能検査などの血液検査結果を知らせてくれるので自分の数値を把握することができます。
善玉コレステロールが少なければ「低HDLコレステロール血症」、悪玉コレステロールが多ければ「高LDLコレステロール血症」などと診断されることもあります。これらの基準値が表示されており、自分の結果が「低い・標準・高い」のどこに位置しているか教えてくれるので健康診断の結果は重要です。
数値が大幅に基準値から外れる前から、セサミンを摂取して対策しておくことが大切です。
セサミンは毎日飲み続けることで少しずつ活性酸素を除去してくれます。ゴマ料理を食べたりサプリで手軽に摂取したりしましょう。