セサミン情報局

犬の健康維持にセサミン

日本では何らかのペットを飼っている割合が3世帯に1世帯といわれています。その中でも特に多いのが犬です。ご自身で犬を飼っていたり、知り合いが飼っていたりするという人も多いでしょう。しかし、最近犬の元気がない・毛がパサついているなど気になる点はありませんか?実はそんな犬の不調にもセサミンが活躍するのです。どんな効果をもたらしてくれるのでしょうか。犬の生活習慣の変化と共に紹介します。

犬の健康維持にセサミン

犬は毎日人間と一緒に過ごしています。そのため生活習慣が乱れた飼い主と一緒にいると犬の生活も乱れてしまい、健康に被害が及ぶこともあるのです。

乱れた食生活

犬が欲しがるからとつい食事を多めに与えたり、人間の食事やおやつを与えたりすると犬の体に悪影響です。毒性が多く添加物がたっぷりの食事を摂ると、肝臓が解毒しようと働き続けます。肝臓が働き過ぎて負担がかかり、脂肪が溜まったり炎症が起こったりすると犬も肝臓病になってしまうのです。

運動不足

忙しい人が犬を飼った場合、散歩になかなか行けなくて犬が運動不足に陥ることがあります。ストレスが溜まって凶暴化したり、太り気味になって心臓などの臓器に負担がかかったり、体をなめ続けて皮膚を傷つけてしまうこともあります。

老化

人間と同じく、犬も年を取ります。犬種や個体によってことなりますが、小型犬で10歳以上、大型犬では8歳以上からが高齢犬とされます。
食欲減退、逆に旺盛になったり、階段を避けたり、睡眠時間が増えて散歩の時間が減るなど、高齢犬になると今までと生活が異なってきます。

セサミンによる犬の健康効果

セサミンは人に対して様々な健康効果をもたらしてくれますが、それは犬に対しても同じです。犬の健康を支えるセサミンの効果を紹介します。

毛並みを整える

犬も人間と同じく酸素を体に取り込んでおり、酸素は体内で細胞などを老化させる活性酸素を作ります。犬の体内で活性酸素が酸化することで細胞が老化して、毛並みが乱れてパサつくことがあります。
セサミンには活性酸素を除去する抗酸化作用があります。犬の体内で活性酸素を減らすことで毛並みを整えて維持してくれるでしょう。またセサミンには血流を促進する作用があるので、皮膚の血管まで栄養を送りやすくします。隅々まで栄養が行き渡ることで毛が整ってきれいな毛並みに期待できます。

健康を維持

犬が乱れた食生活を送ることで、体調を崩したり肝臓に負担がかかり肝臓病を引き起こしたりします。これもセサミンの抗酸化作用により体内や肝臓の活性酸素を除去することで健康を維持できます。特にセサミンは肝臓でよく働くので、解毒で疲れ切った肝臓をサポートします。肝臓には解毒のほかにも血液成分の合成や栄養素の分解・貯蔵など様々な働きがあります。健康を維持するため肝臓の負担を減らすセサミンは必要です。
そして無添加のドッグフードを選んだり良質なたんぱく質が含まれる食事を作ったりするとさらに効果的です。

老犬をサポート

高齢犬になると味覚や臭覚が衰えてしまい、食べ物の匂いを感じにくくなると食欲が湧かなくなることがあります。
食欲がなくなると栄養が不足しがちになりさらに病気を招くこともあるので、セサミンでサポートしてあげましょう。セサミンの活性酸素除去による肝機能改善効果やアンチエイジング効果で肝臓病やがんなど病気にかかりやすい老犬を支えます。

犬用のセサミンサプリがおすすめ

犬にセサミンを与えたい場合、ごまをすり潰して食事に混ぜてあげるのも良いですが、ごま自体に油分が多いので与え過ぎには注意が必要です。
そのため手軽に摂取できるセサミンサプリがおすすめです。市販で犬用のセサミンサプリが発売されています。1日1粒ほどを食事に混ぜるだけなので、ごまをすり潰す手間もありません。
犬の健康を思うのならセサミンサプリを摂取して、いつまでも健康に長生きしてもらいましょう。